プレイヤー日記一覧

プレイヤー日記について

投稿された日記の一覧ページです。
スマメイト for 3DSに登録することで、日記を書くことができます。

日記一覧

彼氏募集中の人と対戦しました(0)

もっちゃんとヤッタ この人も彼氏募集中してましたヽ(´Д`;)ノ 試合中 死とともに滅っせよ!!って言われて、彼氏募集中と言い返したけど快楽死した この人のほうがおかしい 彼氏いるのに彼氏募集中っていうアピコメあるし、この国はもうはじまっている 目指せレート53万 みんなホモ窓はいりましょう 条件 ちん●20km以上の方のみ。 ごきぶりまだでてないけど、ゴキブリがでると叫び声をだして、ぼくは2階ににげる。でもスマゲイトをしているときにごきぶりがでたらどうしようヽ(´Д`;)ノ ミサイルでもぶちこんで殺すしかないのだろうか゚(゚´Д`゚)゚ もうひとつの悩みは うんちが急にしたくなる。一回だけうんちさせてください!っていって、遅れたことがあります゚(゚´Д`゚)゚ こーひー よーぐると やさい これらたくさん摂取するとたくさんうんちでます。便秘厨vs快便厨の戦争がはじまる ラグがあって、こっちが勝ったら無効試合でも対戦中止でもいいです。じめつも中止でいいです。 気持ちの良い試合(性的な意味で)ができたらいいとおもいます!

色々使っての戦績(0)

ただのメモ 完全にチラシの裏に書いとけ的な内容ですすみません 5キャラローテ中(5週分) Jr      4勝 1敗 ルフレ   3勝 2敗 犬    4勝 1敗 カービィ 3勝 2敗 プリン  3勝 2敗 計   17勝 8敗 犬は意外と対応できるキャラ多いんじゃないかと思えてきた? あと何故かルフレだけ毎回キャラ報告してもらえるので使用率50%になってます...。

対たつつよさん(4)

空後を主とした立ち回りで空上から空後のコンボで一気に火力をとられるので浮かされた時はあせらずまずは着地する! ファイアーボールを打ちながら空中から接近してくるときは高確率で空Nで距離を詰めてくるここが狙い目! 甘く入った空Nを狩って一気に火力をとる! 逆掴みはほとんどなく接近してきたときはその場回避で掴みを交わし反確がとれる! 自分が地上にいるときに空上をしてきたら上スマをお見舞いするチャンス! ガーキャン横スマには要注意! くるっと宙返りをして相手の背後に隙だらけで回り込み油断したところに突然横スマが来る!←最近あんまりみない 着地狩りを上スマぶんぶん振ってくるのでここはほんとに冷静に! まれに距離をとるための空後が入るここは一気に距離を詰めてごり押しじゃぁ! たつつよさん浮かせたら基本空N使って下りてくるので上スマ打ちこみましょう!

Aちゃんとの対戦日記☆(1)

できるときは毎晩Aちゃんとタイマンさる。ただそれだけ。

たなかげいととヤった(2)

この人はおかしい 彼氏募集とかしててちょっとひいた 私の彼氏もすごくひいてた なんかすごく変態発言してくる 私の彼氏も射精と言って論破してた ゲムヲのベルを鳴らすだけで 彼氏はイった そう つまり この世界は間違っている アンビリバビュー はい 岩田生きろ!

全部崖からのスマッシュに負ける(2)

スマメイトをやってて気付いた 崖掴んで立ち上がろうとした時 スマッシュでやられまくってる なおさなやばい

彼氏ができない(0)

いろんな人が見てくれますが彼氏ができません゚(゚´Д`゚)゚ レート53万くらいあればできますかね゚(゚´Д`゚)゚ 最近の使用キャラ 意識が消えていくジュースとか飲みながらやってたりしたから何使った覚えてない 我は邪悪龍ウリア

パルテナ上スマ確定?(2)

ホーリーシャイニーって言って上スマすると 確定ってレベルで当たります! ※効果には個人差があります

(0)

最近はルフレ使用多いです。他はマルス、ゼルダ、シークも使います。よろしくです

ヒカキン信者のスマメイト日記(0)

今日僕は産まれた 最初に言えるようになった言葉がヒカキン様 学校では優等生 おわり

エイリアンvsプレデターvsマリオ使い(8)

仮に今この窓を開けて外に飛び出そうものなら、 途端にこの冷え切った肌は熱風に晒され快適さに依存しそれによってようやく保たれていた精神は氷のように溶け出すだろう。 だから俺はそれをしない。好き好んでしない。 「気持ち次第だ。どれだけ部屋に篭ったと思ってる。」 絶対しないというわけではない。家が火事になれば財布とスマホと3DSを持って外に避難するし、 宇宙からUFOが降ってきたら生放送の準備をしつつ外に出る。 第一、外に出ないのは毎日アホみたいな顔して行かされていた学校が休みであり、 俺にはやるべきことがあるからに他ならない。 「100、今日は100上げるまでやめない。」 言ってしまえば外に出ることと家にいることでは生物的価値に雲泥の差が生じることになる。 外に出れば汗臭く目的も居場所もないただの死体と要素のラインナップが一致するだけの存在になるし、 家にいれば俺はやるべきことに熱中した、静かでそれでいて熱い戦士となる。 「絶対に 勝つ」 もはや雲と泥の差どころかベテルギウス星雲とマントルくらいの差といえる。雲マンだ。雲トルの差だ。 「は?ガードしたやろ」 親は俺をただのバカとしてみている。 例えば同級生が部活に打ち込むことと努力量、真剣度、悔しさ、戦うということの本質的価値は全く変わらないのだが、 その事実には決して耳を貸さないのだ。 そんな人間と話などできるはずもなく、ただ不条理に見下しているだけの人種差別はその本人たちにもその自覚がない。 「見えるわー見える攻撃だわー」 「はいラグあるもんなー」 「3Fあるもんなー遅延これ3Fあるもんなー」 「相手も変やと思わんかなー不自然に飛び道具に直撃してる俺見て」 GAME SET 「偶然踏みつけ出たくせにちょっとやったったみたいな顔してるの伝わってくるの何?」 「顔はブサイクやろどうせ!!!!!!!!」 誰とも顔を合わさずとも、俺は戦える。 「だいたいこのキャラのリーチで勝てるわけないんだよなあ」 スマブラ、これが俺の近年の生きる意味だ。 「ランキング載ってるマリオ使い意味わかんねえよ実はソニック使ってんだろ」 思えばこんなに悔しい想いをしたことはなかった。 「おい遅延3F、そうやって拾ったバカな勝ちでちょっと嬉しくなってんだろ?勝手にしろよ遅延3F」 「おい遅延3F、なんで堂々と生きてられるんだ遅延3F。」 「おい遅延3F、感想くらい書けや!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」 『マリオの上スマ強かったです(^.^)』 「「「「「「「「「ニイハオ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」 勇ましく振り上げられたその腕が奏でる鈍く広がる衝撃音が1階にいる母を深妙な面持ちでもって呼び寄せる現象は珍しくなかった。 ただ、今日のその音は聞いたことがなかった ・・・・・・ 全身全霊の憎しみを込めた「たいありでした!(*^◯^*)」を書き終わった瞬間から少し記憶がない。 この対戦サイトのランキングに載るには、勝つことで得られる数字レートがあと100必要だ。 時計は、3時23分、さっきが何分だったかは覚えていない。しかし外の色が少し記憶と違う。 少し日が落ちた?そんな気がしたのは一瞬、 俺の部屋から見えるいつもの、俺の街に大きな大きな何かがぶっささって大きな大きな煙を上げている景色は、 目に入ってすぐ脳を駆け巡った 「生放送の準備。。。。。。。」 俺はマリオ使い、今日はまだ0勝2敗だが、今日はもうやめだ。 エイリアンvsプレデターvsマリオ使い

モンスターうまい僕講座そのに(0)

喰らえ!チャージショット! サムスンは全身全霊をかけたCSを撃った 音も姿も完璧だ 戸惑うピット!誰もが当たると思った その瞬間! ~次回~ 戸惑うピット!お願い下B!! 君のアミーボに乾杯だ! 提供 CF2 Vvideo 来週もまたみてくれよな!

マスターうまい僕講座そのいち(0)

サムスでチャージショットを当てまくってバースト! さらにバースト!これは強い! ガードできるもんならしてみろ! ガードを壊してチャージショット! チャージショットは強い。

ウルトラうまい僕の講座(0)

みんなも僕と戦ってうまくなろう! ツイキャスで放送してるので アドバイスあげるよ! 僕はつよい。

対戦記録 8/9(0)

1.パルテナ 2-1 2.ドンキー 0-2 ガンガン攻め込んでくる相手が苦手な傾向があることに気づいた。 すぐ反撃しようとする癖をやめて一呼吸おき、相手の動きを見てみよう。

ぼくひで(0)

昔々あるところに あわびとマツタケが住んでいました 彼はマスオTVひきいるベタ男軍に立ち向かいましたが殺されてしまいました。そんな時 あわびとマツタケがイチャイチャしてできた子供 アスラが怒って マスオTVに復讐しに行くのである アスラズラース

分からん殺しとか臨機応変さとか(0)

3戦1勝2敗。まるで成長していない。しかも1勝はほとんどお相手のミス。 カービィが勝てないと大体勝てない感じ。というよりカービィ対策が練れてない人を分からん殺ししているだけの現状。 カービィ使いの人口がどれくらいいるかはわからないけど1500以下だとほとんどノーマークっぽい。このままノーマークにしていてくれ。 相手の行動の傾向をつかんで立ち回りを変えるということができないからボロボロ負けるのだろう。 ガード固い相手には投げ多様で揺さぶらないと。駆け引き以前の問題だね。

8/24,25 スマメイト勢オフinOsaka(7)

家使えることになりました ほとんど自宅によるスマブラがメインとなります あまり人数入らないので宿泊は3名ぐらいが限度かな 宿泊条件 ・成年あるいは家族の許可、身分証明のある人(なんかあったときに責任取れないので) ・嫁の趣味であるドールやトイ(トランスフォーマー多め)に対して抵抗ない人 ・部屋がゴミ屋敷でも問題ない人 参加者:る たつつよ つむすと タコカカオ(泊) つむすとの弟子

むらびとの崖ボウリングメモ(1)

【対象】 ほんとうに基本的なことしかまとめてない。意識配分や読み合い、心理の話。 崖ボウリングに苦しめられる人、むらびとを使い始めようと思ってる人、崖ボウリングを安定させたい人向け。 記憶を頼りに書いてるから間違いがあったら指摘お願いします。 【崖ボウリングとは】 当たれば死ぬ。 ボウリングひとつで回避あがり以外のあらゆる対応を蹂躙し死へと追いやるむらびとの基本にして奥義。 もちろん復帰阻止に放つボウリングもこれに含まれる。 【状況】 ワープ復帰系のキャラが横から崖を掴もうとするケース以外の相手の崖掴まりとその後の行動のいずれかを狩れる位置で横スマホールド。 【結論】 崖端でドスンとならず崖端を掠めながら落ちていく位置でボウリングを構える。 ここで「1F崖掴まりに落とす」か「回避以外の崖上がり読みでホールド続行」の二択。 前者でかつスカした時、相手が最速回避上がりを入力していた場合掴み確定。 →1F崖掴まりを刺し損ねた上で相手に最速崖上がりをされなかった場合のみ、逃れられる。 ↑忙しい人はここまででOK 【情報】 1)発生25F →デデデのDAやゲムヲの上スマと同じくらい 2)発生20F時点で発生保証あり(ボウリング生成) →20F分の猶予を確保できれば、相打ちになろうがボウリングを落とせはする 3)ホールドした時、ボタンを離して2Fで発生保証(ボウリング生成) →重要 4)対地での持続5F →重要 5)後隙20F弱 →重要 【原理】 全キャラが崖に掴まる際、それぞれに1F分だけの完全無防備なタイミングがある(「1F崖掴まり」)。 またその場上がりにも同様に1F分だけの完全無防備なタイミングがある(「2Fその場上がり」)。 他方、前述の2)と3)にあるように飛び道具ゆえの発生保証がついてくるため、攻撃上がりや手離し攻撃にも相打ちで当てることが可能。 1)その場上がり 全キャラ共通して存在する2Fの無防備に落とす(その場上がりの後隙が1F、ガード発生が1Fだから計2F)。 「2Fなんてそんな」と思うかもしれないけど、想像以上にあわせるのはたやすい。というか、一番狩りやすい。 パルテナがやたら遅いことや、パックマンが若干速いことといったことを覚えておけば基本狩れる。 2)攻撃上がり 全キャラにばらつきがあるため安定して狩るのが難しい。 しかし発生保証の暴力でわりと相打ちに持っていきやすく、また相手としても一番勇気のいる選択。 その場上がりよりも体感かなりはやめにボウリングを発射する必要がある。 3)ジャンプ上がり パルテナ、ダックハント、シュルク以外がジャンプ上がりに12F分の無敵がついている。 だいたいのキャラ相手への攻撃上がり読みよりも更に速めに発射し、この三キャラについては気持ち、一瞬遅らせる程度。 トレモのCP「止まる」はジャンプ上がりしかしないから練習しやすい。 スローで確認すればわかりやすいが、ボウリングの判定は意外と後ろにも広く、それでオリマーをも狩れる。 4)待機 最大ホールドまで待たれた上で、自動発射されたそれを崖上がりの無敵利用で避けられる。 逆に、こちらのホールド時間が相手の無敵時間を上回れば、発射は見て避けられる速さではないため読み合い強行。 5)手離し 猿の空前やマリオの上Bのように、ボウリングを無効化しつつ崖を上がってくるキャラがしてくることが多い。 これを読んだ場合、相手の崖手離しからその技の発生までの間にボウリングと相手とが重なるように落とす。 他方、しまうやマント、ガーディアンなどを狙われる場合も同上だが、そもそもそいつらが相手の場合崖ボウリングなんて狙ってはいけない。 6)回避上がり 最安定の回答。 しかし、崖からかなり手前のほうで構える(崖手離しやジャンプ上がりを見逃す)場合は狩れる。 他方、ボウリングの後隙のなさを生かして掴み(=背負い投げ)が確定するケースがある。 【展開】 1)まずボウリングを構える 場所は、発射されたボウリングが垂直にまっすぐ落ちず、崖端に引っかかって軌道が若干ずれる位置。 安直に崖端で構えた場合、相手のその場上がりや攻撃上がりに当たらず、 またその場上がりを意識したポイントで発射すると1F崖掴まりや手離し、待機、復帰阻止で刺せない。 2)相手が崖に掴まる ここで二択発生 2-1)1F崖掴まりに落とす 横からのワープ復帰でない限り、基本的に崖掴まりには刺さる。 ただし天敵もいる。 当たらなかった場合、更に分岐。 2-1-1)内側にD掴み 最速回避上がり読み。 崖ボウリングに対する安定択が回避上がりであり、またボウリングを構えるというだけで最速行動を促しやすい。 後ろ投げでバーストできるならまさに強力な択で、そうでなくても再び場外に出せるだけで非常においしい。 2-1-2)普通の崖上がり狩り SJ空下や上強など。 2-1-3)ガン見 最速行動をしてこないと読んだ時や画面をやたら見る人に。 余談だが無敵の切れた崖相手には下強根元がクリーンヒットする。 2-2)ホールド その場、攻撃、ジャンプ上がりに対応。 手離しの場合ホールドしていると間に合わないことが多い。 2-2-1)ジャンプ上がり、手離し読み かなり速めに発射。手離しから振られるあらゆる反射技に対してどのタイミングで落とすかまでは調べていないし構える必要もない。 手離しは先行入力ではできないので、ジャンプ上がりと同じタイミングなら当たる・・・? というより、手離しが択としてありうる相手に構える必要があるのかといった話になってしまう。 ジャンプ上がりが速さ的に一番狩りづらいが、意外と猶予はある。 →リターンはまるでないため、完全に「防戦」で取る行動。 2-2-2)攻撃上がり読み その場上がり読みより気持ち速めに。 勇気のいる行動とはいえ、意外と狩りづらく、わかっている相手はかなり強気に押してくる。 相手が崖を掴んでから最速行動をした場合はこれかジャンプか回避しかないため、 最速上がりをしてきた時点でこれかジャンプ上がりにあわせた発射をするべき。 これの場合、攻撃は速くても17Fや18Fと見てから落とせる発生だから、 「崖を掴んで最速上がりをしてきた」のを見てから発射すれば攻撃上がりを狩れる、程度の認識? →一応リターンはあるため、安いが確実(!)に場を切り返そうとする時に取られる行動。 2-2-3)その場上がり読み 大本命。 「相手がボウリングをスカしたところに最大リターンを叩き込もう」と思った相手が選びがち。 全体的に無防備Fは似通っているため、「パルテナ(とMii)だけがかなり遅い」ことを覚えていれば問題ない。 その場上がりを選択したものの「あっやばい」と思った人はだいたいガードを入力する(オフ大会では全員がガード入力していた)。 この場合普通に落としていたらジャスガになってしまうため、「今落としたらガードが間に合ってしまう!」と思ったら更にホールド推奨。 完全に荒らし行動だが、ジャスガされるよりは明らかにリターンを抑えられる。もしくは、相手のガード解除に刺さってワンチャンバーストも。 →完全にリターン重視で取られる行動。もしくは、崖ボウリングの怖さをわかっていない人が取りがち。 →つまり、相手が「ボウリングミスに対してどの程度のリターンをそれだけのリスクと引き換えにその時欲するか」を考えると楽になるかも。 3)待機読み 待機読みを強いられた試合はほとんどないが、一応なくはなかったので。 3-1)その場上がり読み 待機していてボウリングを構えるのが速すぎなかった場合、多くの人がその場上がりを選択する。 かなりのプレッシャーが働いた結果、脳内で想像以上に時間の密度が高まったからだと思うけど。 もしくは「あれ?」と思って、ふと不意にその場上がりしてしまう人も多い。 3-2)攻撃上がり読み 待機した上で攻撃上がりをしてきた人は少ない。 3-3)ジャンプ上がり読み 3-2にも言えることだけど、ジャンプ上がりをしようと考える人は先行入力してくることがほとんど。 むらびと側に考える時間を与えることで攻撃、ジャンプ上がりが狩られるのでは・・?と考えてしまうからだと思うけど。 3-4)手離し読み まず起こりえない。というのも、待機の無敵切れ読みと一貫してしまう。 起こりうるとしたら反射やしまう持ちで、だからそういう人相手にしかもこんな時間までホールドするのは自殺行為だと云々。 3-5)待機読み 相手が「ボウリングのホールド時間<崖掴まりの無敵時間」と考えたか、もしくは判断が遅れる場合に刺さる。 3からの展開では意外と多い。ポイントは、例によって速めの発射。 最初スカったかと思えば、内臓が爆発したがごときシュールな吹っ飛びが見られる。 3-6)回避上がり読み まず起こりえない。加えて、狩れない。攻撃、ジャンプと同様にこれを選択するなら画面を見る前に回避上がりすることが多い。 ただし、「ジャンプ上がりや手離し読みで速めに発射して」、かつ「相手がそれを崖掴まりの無敵でやりすごした」上で「相手が回避上がりを選択した」場合、D掴みが入る。 このケースは意外と少なくないし、見てから余裕だけど、ここに書くまでもないことだから意識しなくていい。 【対策】 1)崖掴まりのタイミングを遅らせる 代表例がファルコン。むらびとが崖ボウリングを狙ってはいけないキャラの代表格でもある。 そうでなくても、ジャンプ後ディレイをかけてギリギリで復帰するなど、だいたいのキャラが遅らせることは可能。 むらびとは当然のことながら相手が最短で戻ってくるのに間に合うようにボウリングを構えるのだが、もし遅らせた場合、 むらびとの1F崖掴まり読みをスカす以外にも、崖掴まり後待機することで無敵が切れるよりも先にボウリングのホールド時間が切れるのを期待できる。 2)戻り方 安直に崖に掴まる以外にもいくらでも方法がある。 2-1)崖に掴まる むらびとが1F崖掴まりに刺せなかった場合。 前提としてむらびと側のミスが絡むのはどうかと思うけど、物理的に難しい行動だから許して。 2-1-1)崖を掴まった時、最速回避上がりをしない 1F崖掴まりに合わせてきたのが見えた場合、絶対に回避上がりはしない。 回避上がりが狩られる数少ない展開が1F崖掴まりに合わせた後のD掴みで、 ターン継続どころか場合によってはそのままゲームセットまで持っていかれる。 2-1-2)ホールドしてきた場合、迷わず回避上がりを選択 回避上がり入力と発射が噛み合ったとして、むらびとのD掴みは間に合わない。 2-2)相殺効果を持つ攻撃を振りながら復帰 猿の空前やフリップキック、ルイージやガノンの空上なんかがその代表。からだを鉄球が貫こうが、お構いなしに戻ってくる。 上位勢の崖に倒木を当てようとしてもうまくいかない理由は、だいたいこのことを知っているから。 2-3)上から復帰 言わずと知れた苦肉の策。最終奥義。 犬やロボットなんかが見るからに無防備だってのに上から復帰してくるのもこれ。 でも、ボウリングは食らわないし、死なない時はかなり重要な選択。 2-4)崖上に直接復帰 つまり下入力しながら上B復帰。マリオがその代表で、マリオも崖ボウリングを狙ってはいけないキャラ筆頭。 【後付】 ボウリングで遊んでないで、復帰阻止のおしごともしようねおにいちゃん。

悪玉のピカチュウ(0)

スマメイトの方々は電光石火あまり効かないからなぁ・・・、投げもあまり当たらないなぁ、つまり何が言いたいかと言うと皆さんピカチュウ対策慣れてる!