プレイヤー日記一覧

プレイヤー日記について

投稿された日記の一覧ページです。
スマメイト for 3DSに登録することで、日記を書くことができます。

日記一覧

ベクトルへんこうってなんですか?おしえてください(0)

べよとるへんこうとはなんですか?やり方おしえてください

雷門のゴールキーパー三国太一だ!(0)

雷門のゴールキーパーの三国太一だ!俺の得意な必殺技バーニングキャッチでどんな攻撃もガードしてやる!バーニングキャッチ! うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

挨拶だ(0)

愚かなスマブラー共よ、我々エイリア学園により無慈悲に滅ぼされるのは嫌だろう?そこで我々はスマブラを行使してお前ら人類を支配することに決めた、貴様らは泣き、そして絶望するがいい!改めて我々の実力を知るんだ!

ソニックで一番になったぞー!!(2)

ソニック使いのレート順で一番上まで来ることができました!素直に嬉しいです。アクティブなソニック使いが少ないからっていうのが大きいですね。事実なかむらこうたさんは今は非アクティブのようですし…以前の日記で1860に行くといいとおっしゃってくれた方がいたんですけど、それも同時に達成できて嬉しいです。レートが上がってくると、負けたらいっぱいレート吸われちゃうので1戦1戦ドキドキしちゃいますねところで疑問なのですが、100位内の近いレート帯でもマッチング制限かかってると表示されてる場合はどうすれば対戦できるのでしょうか?何か設定が間違ってるのかなちょくちょくやるので、また遊んでいただけると嬉しいです(^。^)

7wx

ロボ固定(多分)(0)

やる気でたらまたメイトやろうと思うんですけど、今回ロボで行こかなと思います!対戦する機会がある人、よろしくお願いします。

ルイージの復帰(3)

ルイージの復帰の仕方を教えてください、

ポケメイト(0)

ここをポケモンリーグにする計画が着々と進んでいます!ポケモンのスマブラー化の進行具合には目を見張るものがあります!最近では僕はとあるランカーの方に捕まえて頂きまして、一日中三食飯が出るようになり、パルキアとかにいじめられた時は怒ってくれました!皆さんもポケモンになって、飼い主にチヤホヤされてみては???というかなってください

今さら知ったクッパってキャラ(1)

ツイートでいいだろうことをタラタラと書いて行きます。読んでほんの少しでも役に立つと思われる話は1番最後の項目に置いておきます。忙しい方は読み飛ばして「現状考えるクッパの立ち回り」の項目に行ってください。第1章 クッパは最強キャラだと思ってた公言しているのに知らない人が大半だと思う。トクメイさんは最強キャラ主義者。今はなんかもうその考えも片隅にありつつ、掴めば勝ちのキャラの方が強くない?って考え。もしXに戻ったらメタナイトかアイスクライマー使うので結局は使うキャラは最強キャラ選ぶ。1年半か半年前か忘れた。その頃に3dsの終点ばっかでるからクッパも最強キャラになりうると思ってた。wiiuだとステージが戦場、スマ村が増えてクッパにとって都合悪いので最強キャラじゃない。それにオフだとさらに崖上がれない…。クッパは掴めば勝ちだし(3ds)最強キャラ候補なら使わない理由はない。初めて使ってみた感想は上投げ空上でバーストできない…。そして確定帯知っていてもなんと!下手過ぎてバーストできない。同じく悩んでいたクッパ使いのうすく(@kuppa_main_no_usuku_dayo)さんとともに外ベク変内ベク変して上投げ空上でお互い100回練習した……がしかし一向に上手くなる気がしない。初めて上投げ空上が少しでも当たるようになったのはあるてぃん宅(@alten_taku_bosyu_aka)に行ってヴェント(@ven_ven_vent)さんのリュウに上投げ空上でバースト決まってから。第2章 3dsレート2000トクメイクッパ誕生〜Tokumei saga開幕〜実は誕生してません。ルキナ使ってるのにも関わらずクッパアイコンのまま。クッパ使って2000行ったのかと思いきや、途中までddに頼り最後らへんはルキナに任せ。トクメイクッパはレート2000!と何度も言われたけれども実際はレート2000?行ったかもしれないルキナ。クッパアイコンが多いので目立たないルキナ。第3章 クッパの振り向き掴み〜オカシナリーチ〜スマブラは原作忠実に作られています。クッパの振り向き掴みもその一つです。マリオギャラクシーをプレイした人にしか分かりません。マリオギャラクシーのクッパは超能力を使うのです。超能力で隕石を飛ばしマリオに当ててきます。なのでクッパの振り向き掴みは原作忠実の+超能力+を使い、相手キャラを掴んでいるのでした。第4章   勝てるキャラと勝てないキャラなんか勝てるキャラと勝てないキャラがいる…気がする。不利キャラには案外行けるような気がするクッパ。有利なのに行ける気がしないクッパ。レート2000クッパと言われたクッパ、頑張っても1800くらいしか行かない雑魚クッパ。次の章で悩み解決。第5章 最近気付いた〜書きたかったこと〜クッパは強いけど弱い!!何が言いたいのか?クッパは決して強いキャラじゃなかった。不利キャラには勝てれば何でもいいとぶっ壊してた。五分くらいのキャラには律儀な立ち回ってた。これが良くなかった。本当はクッパはぶっ壊すキャラなのでぶっ壊すのが大事。そして上投げ空上ができるようになってやっと強いような位置付けになったキャラ。だから元々は強いわけじゃない。さらに五分相手でもそんなリスクない律儀な立ち回りしてること自体がダメだったことに気付いた。律儀に立ち回って勝てるキャラならそれでいい。大半は律儀なことせず稼ぐ。またはぶっ壊す。これがクッパだと思った。まとめます。最終章  現状考えるクッパの立ち回り〜Last Requiem〜当たり前っちゃ当たり前だけども相手のキャラによって立ち回りを変える。・クッパが有利、微有利な相手キャラ律儀に立ち回っても勝てるでしょう。・クッパと五分少しはハイリスクハイリターンなこともしましょう。・クッパが微不利対戦でぶっ壊す・クッパが不利相手の3dsをぶっ壊す・クッパだと無理 ※主にマリオが主人公のゲーム後書きクッパだと色々反確取れないってことを書くの忘れた。弱の発生8Fだったような。掴みの発生も遅い。めくられると上bの反確は強い。今まではひたすら反確取るキャラみたいなことを思ってました。違いました。反確取れないなら取るのをやめることこそが大事なのでした。当たり前なことしか書きませんでした。終わり。3dsクオリティ。

部屋建てについて質問(1)

先程対戦相手の部屋に互いに入れないと言う現象?が起きたのですが、これについて何か分かる方は居ますか?

サブキャラでレート1850!(0)

Uメイトの方でメインキャラ使ってこれより高いレート獲得したことはあるのですが、プリンで行けたのは結構嬉しいです。1700行けた時点で自分でもびっくりしていました。もしかするとプリン強い??…いや弱いわこのキャラ バースト技なさすぎるのにバーストされやすすぎる、よわ

マリオの使い方(0)

僕はマリオ使いになりたくて練習してますが、なかなか上手くなれませんだからロンさんなどの上手い人の動画を見てますが反転上スマや、最速空後などのやり方がわかりません。コツなどを教えてくれるとありがたいです、早めの返信お願いします

ゲッコウガ使い 教えて下さい!(4)

上強空上のループをする時、空上の当て方のコツを教えて欲しいです!

我、伝説ぞ?(18)

君ら理解してる?我、伝説のポケモンぞ?接待してくれてもいいんじゃない?しかも色違いぞ?接待したらこんごうだまあげるんだけどなぁ

カムイ用のメモとキャラ対策(不完全板←大事)(1)

⚪前置き。読むにあたって。最近(五日前)カムイを買いました。カムイ楽しいし可愛いです。でも悲しいことに一昨日辺りから突然回線が悪くなり、ほぼ毎回遅延が起きるようになったので、直るまでスマブラはしばらく控えることにしました。でも折角とったカムイ用のメモが無駄になっちゃうのもどうかと思ったので、ここに記録を残そうと思います。まだ書き始めて間もないため、全キャラクターの半分も書けてませんし、いかんせん経験が浅いので、甘々な点が多々あると思います。万が一内容に不満があっても黙って「ふむふむ」とか思ってくれたら嬉しいです。ここから下は私が書きかけていたメモをそのまま載せます。あくまでも参考として、もしくは「こういうメモのとりかたもあるんだなぁ」とか思って下さい。↓↓メモ↓↓カムイメモ♢基本の考え♢「相手にとって攻撃を入れにくい状態をキープしながら自分の攻撃を通す。」どのキャラにも言えることだが、”攻撃を受けなければ負けることは無い”カムイはリーチが長いので、よりこれが大切になると思われる。常にめくることと揺さぶりを掛けながら引くことを意識するとより強い…かも?笑。相手の反撃が確定する攻撃をしない。♢見合った時のテンプレ攻撃♢①ガードされても掴みや弱を入れられないように距離を取りながら正面から空Nを撒く。ジャスガされると反確をとられる。うまくいけば回り込みの横回避にすもささる。②中距離で横B突き刺し、ガードされたら後に引けば良い。③中距離で大ジャンプ横B。はずしたりガードされたらジャンプで逃げるか着地寸前に空Nを振り、着地隙を消して弱連orガード。着地に密着してくるようなら最速で空N。④正面を向き大ジャンプでめくりながら空N。相手の反転掴みや弱が当たらない距離を保てると強い。着地後は横強、掴み。⑤背を向けて大ジャンプでめくりながら空前。着地後は弱連や掴み。⑥相手の正面に空後を振りながら距離を取る。うまくいけば相手が突っ込んで来て、着地後に横スマや横強を当てれるが、それをガードされたら反確をとられる。⑦相手の正面から空後で相手の背後に周り横強、掴み、弱をする。正面に降りないように。⑧DAダッシュ掴み読みの引き空Nor引き空後。空Nをガードされたら弱連打でゴリ押し。⑨DAダッシュ掴み読みの引き横B。☆序盤は①が強く、後半相手が守りに回り、ガードを固めるようになるとめくり系の④⑤が入りやすい。♢やってはいけないこと♢・相手の正面から空前or空Nを振り、相手の掴みや弱の範囲内に入ってしまうこと。・安易に相手方向に横回避。・安易な空N暴れ。←場合によってはごり押せる。・安易な中距離での横スマ。・空下で相手の正面に着地。・走行して振り向いた時に何もしないこと。必ずガード、ジャンプするか横強を置くなどして無駄な硬直を作らないこと。・フリーの相手に前進しながら大ジャンプ横B♢その他.コンボ等♢・こちらが攻めている時は強気に横回避読み、ガード読みをしていく。横回避での回り込みもしてOK。また、攻めているのに横回避で逃げるのは負け犬の思考。・こちらが攻められている時に安易な横回避、その場回避は禁物。・相手の横回避の位置に空N置き。・中%の相手に空Nが入れば回避読みの横スマはあり。・フリーの状態で弱は連打してくれないので、弱置きは無い。・低〜中%の重い相手に下強→空前→回避読み横スマ。・暴れる相手には下強→ガード→下強...などと繋ぐことも可能。・低%なら(空N→)横強→横B・下強→回り込みの横回避→横B・空前でコンボを繋げた後、着地空Nで軽く浮かせると回避読み横スマが入りやすい。・こちらが攻めている状況ならめくり空後がより輝く。・どのキャラもラインを詰めるとガードを固めてきやすい。・自分がラインを詰められているなら掴みを狙われやすい。一拍置いて最速横B突き刺しは入りやすく安定択。・横Bが最も狙えるのは相手の崖上がり。その場上がりを誘って引き横B。回避上がりを誘って引き横B。横Bは大ジャンプで着地隙を無くすのが最適。回避上がりの方はめいいっぱい引かないと当たりにくい。・引き大ジャンプ空N→ジャンプ→空後で前進すると不意をつけ、動きが面白い。この時、急降下すると硬直してしまうので注意。その後は空Nとか掴みなど。・空Nが後ろかつ高い位置で当ったら即横Bでも良い。・DAをガードしたは良いが離れすぎたら即横Bをする。・着地狩りにダッシュ反転横スマ(走って反対方向に横スマするだけだが、割とシビア)を入れられると強い。・発生。横強→8F.上強→7F.弱&下強→5F・下強をガードされても連打でゴリ押す・誤って相手の正面に密着する形で着地してしまうなら絶対に空Nは振らず、掴みを入れる。・相手の着地に空Nを合わせる。・空後で引いてから反転してDAすると当たることが多いかも。・ダウンからの起き上がりには、離れているならNB。近いなら起き上がり攻撃や回避上がりを誘って横Bが強い。♢キャラ対策♢☆対アイク・空前の着地隙は大きく、中距離にいると誘えるのでDAで反確をとる。・近〜中距離でこちらに背を向けているなら空後を狙っている。最速だと着地隙が無いことに注意。・空Nは真下、後方斜め下まで判定が広い。低空で浮いてる時に真下にいるなら空Nを誘えるのでガードを固めて反確をとる。・空前は非常に判定が広く、真下にもあるため、復帰する時、安易に上から帰ろうと狩られてしまう。また、崖に掴まった時、回避上がりの位置でジャンプしていたら回避上がりの位置に空前を置こうとしてる可能性が高い。・斜め下から復帰にカウンターを置かれることがある。しかし上から帰ろうとすると空前にひっかかりやすい。極力下から帰ると安全。それでも噴火もあるので、崖外に出されると圧倒的に不利な択を迫られる。そのため、まず崖外に出されない立ち回りが大切になる。・空中攻撃の判定が広く強いため、下手なバッタは控える。SJ空Nは必ず引きながらすること。よりガードを固めることを意識。・お互いが陸上でガードを固め合うようになったらめくり空Nが入りやすい。低%なら空N→横強が確定。・高く浮かせたら追撃はなるべく下から入れる。アイクの前後は暴れが当たりやすい。・中距離になれば引き横強に注意し、お互いが陸でフリーの状態なら安易に攻め込んではいけない。・弱の発生が早く、割とリーチもあることに気をつける。口説いようだが着地も下手に目の前に着地してはいけない。・中〜遠距離で、こちらに背を向けながら空Nで迫るとガード後に掴みの届かない距離まで稼がれやすいため、弱か横Bを当てることを意識。・ラインを詰めていれば引き大ジャンプ横Bでバーストという流れはよくある。・アイク自体は待っていた方が強いキャラなのかも。バッタしてるアイクに安易にDAすると空前や空Nで反確を取られやすい。・アイクはSJの途中で空後をすると隙が大きい。DA等で必ず反確をとる。・☆対カービィ・下強の範囲は広いため①は難しい(ガードされたら下強が入ってしまう)。空N空前は必ず引きながらすること。・何かしら被弾したら、陸上なら弱.横強。空中なら空N空前で暴れる。序盤はこれでゴリ押しが効く。・中距離ならその場空Nによくひっかかる。絶対に前進しないこと。・空中起動力が高いため、軽く浮かせた時の回避読みは当たりずらく、反確を取られやすいため控える。・高く上げた時、下Bを警戒し誘って、空中で解除されやすいので必ず反確をとる。・至近距離で向かい合うと発生の差で負けやすく危険。常に中距離を保つ意識で、着地狩りは横Bが安定。・ダメージを貯めるなら掴みより弱、下強を優先。・そこまで速くもないためダウンさせたらNBは積極的に狙って良い。・ファイナルカッターは陸上に上がってくることも考えて大ジャンプで避け、できれば横B。空Nはガードされやすいが、しゃがみを多用する相手なら入りやすい。ガードをするようなら着地してそのまま掴みを狙ってリスクをつける。・バースト帯ならファイナルカッターの着地先にNBを入れるとカッターを通り越してカービィに当たるので撃墜の流れに持っていきやすいかも。・背は低いがちゃんと大ジャンプ横Bは当たる。☆対ゲッコウガ・弱のリーチが割とあるため、①は控える。下手に中距離に着地しても掴みやDAの餌食。空後置きも強いため、⑦もやめた方が良い。・めくり空Nがよくささる。相手があまり置き技をしてこない序盤などは特にこれを意識する。・めくり空Nをすると対策として、遠距離時にこちらの大ジャンプに合わせて空後を置くようになる。こちらも空後で対応する。・ゲコの空Nは発生が早く着地隙も少ないため注意。必ずガードして着地隙は弱で対応。ゲコに背を向けていたなら必ず反転弱。最速の横強じゃ間に合わず回避されてしまう。バースト帯なら回避読みをするのもひとつ。・下強で浮かされた時、バースト帯なら「回避読みの横スマ」or「空前で追撃」の二択。ステージ中央なら横スマ警戒。崖端なら空前を警戒する。ここは読み合い。・チキンではあるが、近距離を保つぐらいなら後ろ回避で掴みやDAをかわして弱で反確を狙うと良い。・崖ギリギリで壁に張り付いたら空後を警戒。ガードして弱の反確をとる。もしくは空後を置くか、空後を誘って空下で返り討ちにする。・相手がバースト帯orこちらがラインを詰めてる時、こちらのSJの位置に空後を置いてくることが増える。・ゲコのコンボ始動技は空Nが多い。遠〜中距離になったらまず空Nを警戒し、その場空Nor引き空Nで対応。・空前や空後を張るようになったら大ジャンプ空後で対応。必ずこちらに迫ってくるが、空後でうまく下がれるので、着地と同時に横強。もし近距離ならその場で引き空後をするのも良い。・空下をガードした後はほぼ必ず再度空下をしてくる。1回目をガードしたら少し引いて下スマか横強を構える(下スマなら後ろの先端当てを狙えるため)。・空上で上げられ、再度空上を狙われたら回避で避けない(ダブルマークナル)。今度は空下を狙う。♦️・上スマの範囲は斜め上にかなり広い。空Nでは負けやすい。浮かされてるなら大人しく着地するのが良い。・中距離で安易な横強はSJ空前or空後に狩られてしまうため控える。・空下踏みループに入ったらひたすら右に逃げるかカウンター。・かなり攻めてくるなら引き空Nは強い。空後をよく使うなら引き空後。・下強で浮かされたらほぼ回避読みの空前を狙われている。バースト帯でないならここは最速空後でふところに入るかカウンター狙い。ダメージが微妙に溜まっているなら撃墜狙いで横スマホールドされることもある。最速で降りてガードできれば美味しいが、難しい。まず下強に当たらないことが大切。・差し込みの空N読みで、ダッシュで引いてSJ横Bを決めれるかも。・☆対サムス・中距離を保ち、引き横スマ引き横Bを多用する立ち回りをする。ジャンプはめくる時と引き横Bを狙う時に絞る。下手なバッタはSJウィップや空前の的になるため、ウィップDA警戒でガードを張りながらの陸上メインの立ち回りをする。ガードしたら即横Bでも良い。・地上メテオなど浮かされたら最速横Bするとなんとかなることがある。・横強をガードしたら横B安定。非確定だが入れば美味しい。・空中でのウィップ読みorこちらがバースト帯空後読みに大ジャンプ横B。決まると美味しいが、空前と溜まっているならNBが来ることも意識しておく。・近づいたり離れたりで中距離を保ち、DA掴みを誘って引きSJ横Bを狙う。空後でも良い。DAは持続が割と長いので、十分に引いて横Bをする。♦️近〜中距離なら一瞬の引き横Bの方が良いかも。引いても間に合わないことがある。・崖を掴ませたら崖離し空前orウィップの当たらない距離を取りつつ(最短NB→)ガードを張るか大ジャンプで避けて空Nやら空前で反確をとる。・崖を掴ませてる時に安易な横B突き刺しはやめる。チャージショットで壊される危険がある。・近〜中距離でガードを張られたら一拍置いて最速横Bをする。・SJウィップはふところに入れば当たらない。SJウィップを多用するようなら中距離まで近づいて横回避すれば隙をつける。・掴みの反確は最速でない横B突き刺し。・DA外したら即横Borガード ・こちらがバースト帯なら、近距離で横スマを誘って引き大ジャンプ横Bが強い。☆対CF・低%なら空N→下強→弱連が確定。暴れ好きな相手には下強の後に横強を挟んでも入る。・弱置きに対し背を向けて空Nが入る。・弱置きが強いキャラなので密着状態での緊急回避はやめた方が良い。・崖外に出された時、相手が大ジャンプで浮き上がったらほぼ必ずメテオを仕掛けてくる。空上で対応する。・着地時の暴れは弱いのでガードして掴みor弱で反確をとる。低空空上はジャスガして反確をとるか引き空前で対応。・地上のラインより下でカウンターは控える。・メテオが速いので遠いところから左から右に行くように上Bをする。(下から上にいくようにだとメテオを入れられやすい)・下手に中距離で空N着地するとDAを喰らうため注意。・CFはリーチが無いため①が光る。①をするとその場で弱や掴みをしてきやすいのでそこに下強を入れて弱や横強に繋げる。・常にバッタ空Nをしてガードを意識させるのが良いかもしれない。☆対シュルク・空中攻撃をガードして着地隙を狩るのが基本。・強攻撃をそのままガードすると、仰け反りのせいでそのままでは掴めない。弱は入るので弱をうつかダッシュ掴みをする。・浮かされた時、迂闊に暴れない方が良い。・着地暴れは必ず空Nで真上のりちょっと(相手から見て)前からめくること。・疾モードの時にNBは撃たない。・バックスラッシュを距離を稼いで避けた場合、DAか横Bで反確。掴みは間に合わない。・シュルクのカウンターは横にめっちゃ伸びる。NBをカウンターされたら必ずガードを張ること。・起き上がり攻撃は横に長いため、ガードして反確はやめる。上から空Nめくりか、横B、もしくは十分に離れて横スマ。・盾モードになったら半待ちに徹する。モナドは15秒で解除されるので、数えて解除と同時に投げを合わせると良い。・相手の空下、空前を距離を稼いで避けた時、掴みはほぼ間に合わない。近いならDA、離れすぎたら横B突き刺しor①or③。・空中では同じ高さを保つと空Nを振ってきやすい。同じタイミングで空前をすればこちらが間に合う。・☆対ゼロサム・復帰時にパラライザーを置かれることが多いので、復帰時は無理に攻めずに安全に着地することを考える。崖端に着地してガードを固めるのが良い。・中距離を保って掴みを誘い横Bで撃墜な んてことがあった。・上強の範囲が広いので、めくり空Nは必ず距離を取りながらすること。・スマッシュは相手の着地後、相手が弱連を張る時などにうつ。・パラライザーはSJで避けて横B、もしくは空後で反確をとる。・崖掴まり中のゼロサムに背を向けて近づき空後で帰るとウィップを避けつつ空前で反確をとれることがある。・復帰阻止のフリップを避けれたら大きなチャンス。フリップ後の相手の2段ジャンプに空後を当てればほぼ撃墜確定。・相手が崖から上がる時、中〜遠距離でNBはやめる。思った以上に伸びるフリップで撃墜されることがある。・安易な横スマは簡単に掴まれてしまうためより危険。・空上→上Bまでのコンボを抜けたら着地後はほぼガードを固めてくる。弱や強攻撃より掴みを狙いたい。・SJウィップを狙ってくるようなら④をすると良い。・近距離だと掴みを狙ってきやすい。回りこめそうなら掴みを横回避で避けて回り込むと弱や掴みが確定する。・空中でも横移動力が高いので着地に合わせた上スマを当てるのはかなり難しくリスクが高いため控えた方が良い。・ゼロサムの空後はバースト技のひとつ。こちらがバースト帯になると、めくりながら空後を連打されることがある。これを引き横強orガードで反確をとれるとかなり強い。・たまに大ジャンプから直接空下を狙ってくる。ガードしてその場掴みで反確をとる。・☆対ゼルダ・NBには横Bが安定。☆対ドンキー・スマッシュ、DAの硬直に引きSJから空前で反確をとる。・こいつのスマッシュのリーチは長いため、着地は丁寧に。浮かされたら安全に降りることを第一に考える。引き付けてからスマッシュを誘って空後で逃げるのもあり。安易な暴れはそのまま撃墜にもってかれる。・DAに横B突き刺しを合わせるのもひとつ。・上強の範囲が広いので、めくることより正面で空前での牽制。ガードを意識させて掴み、弱を通してやる。☆対ネス・DA、掴みの判定が広く、特にDAは持続も長い。そのため、③⑥は控える。DAは最大3回ヒットする。・☆対ピカチュウ・中距離での下手なバッタは空前にひっかかりやすいので控える。必ず引くことを意識。・密着状態ならガードを固めることを意識。空下や空Nの出始めをガードすれば反確をとれる。・近距離なら弱が入りやすい。・ピカチュウが遠いor高い空中に居るなら電撃をガードして弱or空上or横強で反確をとる。地上で走って来ようものならSJで避けて空Nを当てる。横Bでも良い。・横スマは必ず下シフトすること。・石火を当てに来たら引き横スマで対応。・横スマのリーチ.発生.隙の無さは凶悪。こちらがバースト帯ならまずこれを警戒するべき。中距離でも横B突き刺しをしてると被弾してしまうことがある。・空後以外のSJ最速空中攻撃は着地隙が無いため、ガードせず引いて避けるのがベスト。最速でなく攻撃の最中に着地すれば隙ができるので、それはガードして反確をとる。・正面から来る石火は横スマのノコギリにひっかかる。ピカチュウが高い位置にいるなら空前もひっかかってくれる。・NBは復帰には合わせるぐらいに絞る。・石火をガードしたら必ず弱or下強で反確をとる。スマッシュは間に合わない。・こちらがラインを詰めてる時、隙を晒してしまった時に安易な後ろ回避は禁物。その場回避の方がマシ。読まれてダッシュ上スマを食らうとおいしくない。・中距離で横強をするとよくSJにひっかかってくれる。・電撃を空Nの下側で相殺するとちょうど良いタイミングなのか着地隙が消え、弱or掴みを通しやすくなる。・下強をその場回避で避けてはならない(ダブルマークナル)。・迫りながらのSJ電撃は空後で対応。電撃もピカチュウも一緒に飛ばしてくれる。・ピカのSJ空前は判定が空中で消えるため、ガードで簡単に反確がとれる。☆対ファルコ・リーチが短いため①をメインに戦う。①の後はすぐに弱を入れてやる。ガードされたら横強を振る。・着地はなるべく離れるように、空Nで暴れながらすると良い。・DAをその場回避で避ければ横強で反確がとれる。・ビジョンは引き空Nで対応。ビジョンに空前は非常に当てにくい。・浮かされると着地狩りに上スマを置かれることがある。しっかり画面を見て、これに横Bを当てれると強い。・ビジョンをされる時、近い位置にいるなら射線に入らないようにSJ空N。相手が低%なら着地後にガードを固める可能性が高い。空Nを当てた後、安易にDAを入れず、画面を見て①or掴みを入れたい。・ガードをより固めてくるようになったら⑦が強い。・崖外に追い出したらビジョンの射線にNBを置いてビジョンでの復帰にリスクをつけてやる。・崖から上がる時、相手が低%の時に空前を当てて上がるとあまり吹っ飛ばせずにこちらの着地隙を狩られることがあるこ。この時も必ず空前をしたら引くこと。・真下から上がってくる時には容赦なく空下メテオをしてやろう。・足が遅いので、相手がよく攻めてくる序盤では③が入りやすい。・ファルコの空前は持続、発生共に強力。ガードした時は必ず着地を見てから反確をとること。また、突然SJからしてることもあるため注意。崖に出された時、自分がかなり上の方にいると上から復帰を読まれて空前されることもあるため注意。逆に読んで空Nor空前を当てたい。・ファルコの下強は発生、バースト力共に強力。こちらがバースト帯になると、中距離で見合った時、DAor掴み読みで下強を置かれることがある。意識して注意しておきたい。・☆対プリン・①の後に弱置きをするだけでかなりダメージを稼ぐことが出来る。・浮かされたらとりあえず空N暴れをすると抜けやすい。・ギリギリ崖外の位置でカウンターはやめる。下手すると下スマに当たって撃墜される。・プリンはリーチが無いため④⑤のめくりがしやすい。相手が守りに入ったらこれを多用する。・接近し過ぎたら⑥をするのも良い。・ただのSJ空前だとガードで簡単に反確を取られてしまう。必ず引くことを意識。・大きな隙を作りずらいプリンを相手にDAは控える(ほぼガードされる)。・大ジャンプ空前空Nを避けてもすぐ空Nが来るのですぐに空Nで反撃せず引き横スマor引き横B。それかガード。・☆対マリオ・空N等で浮かした時、空下暴れをされることが多々ある。DAでは勝てないので回避読みも兼ねて横スマをいれる。横Bでも良いかも。・真上からマリオが着地してくる時、空N暴れ、空下暴れをされやすい。判定がそこそこ長にことに注意し、最後までガードする。着地隙に掴みを入れること。・復帰にNBをいれられてもカムイの上Bには効かない。マリオもろとも上Bに巻きこむ。・マリオのリーチは短いので、強気に①を繰り返す。守りに回るようなら④⑤などが効果が高い。やはりDA誘いの引き空Nは効果が高い。・空後連打はその場空Nで返せる。・DAダッシュ掴みは下強で勝てる。・近距離かつ低空で安易なNBには着地に弱を入れてやる。・こちらが低%なら空後や空Nが当たっても急いで弱をすればごり押せる。・根元判定だと回避読みの横スマとマリオの空Nが相殺し反確をとられてしまう。浮かした後、近いなら引き横スマ、ラインを詰められてるならガードを固めるのがベスト。・低空より少し高い位置いたら空下暴れをされやすい。引くかガードを固める。・遠く崖外に追い出したら上B復帰し空下を合わせて踏みつけによる擬似メテオを狙う。・中〜遠程度の距離になったらマリオは次の二択→NB連打→こちらのSJによる接近に合わせて反転空後NB連打は落ち着いてガードする。近づいたらよく画面を見る。反転空後はやっかい。この距離では下手なバッタは控えた方が良い。陸上でガードを固めつつ近き、こちらの有利な中距離に持っていく。☆対ヨッシー・相手の掴みがくる距離では横強を出すとリーチのおかげで勝ちやすい。・スマッシュは相手がこちら側にSJしながら卵を投げてきた時にうつ。立ち止まったヨッシーにスマッシュを構えると卵で狩られる。・近距離で向き合ったらとりあえず横強を出すと良いかも。・浮かした後、すぐ近くに降りてくる時、横スマは空ダで避けられる時があるので下スマを構える。・着地に引き空前をされる時がある。空前は必ずガードして、着地後は弱をしてきやすいので横強かカウンターをする。ジャスガできたら弱連で良い。☆対リュウ・バッタしてるだけでDAを誘え、引き空Nが最も安定したダメージソース。・竜巻旋風脚は判定が長いため注意。・セービングアタックには弱かNBがよく効く。・相手の復帰にはNBを出しまくり、竜巻旋風脚にリスクをつける。・☆対リュカ・NBはほぼ控えた方が良い。中距離で最小弾がたまに当たる。最大弾はリスクがでかいためやめるべき。正直、安定して当てれるが隙が無い。・基本は①をし続ける。低%なら安全に下強に繋げられる。例えガードされても、最低空なら掴みよりこちらの弱が間に合う。最低空でないと相手の掴みが間に合ってしまう。・ラインを詰めてればガードを貼ってきやすい。①から弱に繋げるかそのまま掴むを狙う。・下強1回をガードさせて掴む行動に注意。下強をガードしたらすぐに回避をはさむ。・2度崖捕まり後はジャンプ上がりをしてきやすい。そこに空下を合わせると強い。・ダッシュ掴みをジャンプで避ければ空N着地で反確をとりつつ追撃できる。・浮かされた時は常に空N暴れをする。でも、1度着地するまで安易な追撃はダメ。こちらが降りる頃には常にPKファイアーを狙われてると考える。・ダッシュ掴みを掴みで反確を取らず、DAで反確をとる。ダッシュ掴みは届きにくい。・例によって上スマが強力。こちらがバースト帯なら、崖で安易な回避上がりはやめるべき。・PKサンダーアタックに復帰には空下を合わせる。・リュカの掴みの範囲は広い。中距離で掴みを避けても反撃が間に合わず、逆に引いてからの振り向き掴みで狩られることがある。離れていたら落ち着いて①か横B突き刺しが良い。・最速低空空上をやられるとガードしても掴みが間に合わない。ベストはその後の弱や下強をガードし続けて掴みをその場回避で避けること。難しいならガード後すぐに弱でも良い。・中距離でSJから着地する時。掴みを狙われてる可能性があるため、ガードより回避をする。もしくは着地せずに横Bを狙う。・空Nの判定が強いため、急接近されたら引き空Nをする。・SJからのPKファイアをよく狙うなら、空後で距離を取ったあとすぐにDAをすると入ることがある。はずすと反確をとられるため、ラインを詰めてる時に限定しても良い。・空上の判定は強く、カムイの空Nでは相打ちになりやすい。復帰時は安易に上から帰らず下からの方が安定するかも。・上スマをガードするとちょうど横スマ先端当ての距離まで仰け反ることがある。横スマで反確をとる。・横スマを近〜中距離でガードさせればリュカの掴みの範囲外に仰け反らせ、掴みを誘い横スマで反確をとれる。・リュカの空Nは着地隙が無い。必ず下強や弱に繋げてくるので、一段目をガードしたら回避を入れて掴みをかわして反確をとる。・☆対ルフレ・・弱に被弾したら外ずらししながらA連打。運良く抜けれれば弱で返せる。・ギガファイアは大ジャンプで避けて空Nor横Bor掴みで反確をとる。・至近距離でギガファイアされたら横回避で回り込んで対応。・リーチが短く遅いため①は効く。・着地時の安易な攻撃はガードで簡単に反確がとれる。・引き空Nで大体勝てる。・バースト帯なら相手の復帰上Bに上Bを合わせると強い。・下スマの範囲は広い。近距離時に下手なSJは控える。・状況に関係なくめくりはよく効く。・陸上でのトロンは下ずらししまくると実は下に抜けれる。・☆対ロイ・下手なバッタは空Nで簡単に狩られてしまうため控える。・引きSJをするのはラインを詰めた時、回り込みの横回避位置に当たるように。・空Nを読むなら三択♦️→ガードを張って着地に掴むor弱or下強←これが最もダメージを与えてる。→大ジャンプ空前(空Nはダメ)←被弾リスクが高いからやめた方が良いかも。→引いて着地位置に横B(結構引かないと大ジャンプ横Bは当たらない。ちょっと引いて最速横Bでも良いかも)・ロイの上Bには空下で勝てる・NBや横Bはめくる空N最大のチャンス・☆対ロボット◆ロボットはラインを詰めているかどうか、相手がこちらに背を向けているかどうかがとても大切になるので、よく意識すること!・コマを出した後、自分がコマと相手の間で空中にいるなら、相手の横強が届かないぐらいの位置で空Nを振ると相手の着地狩りのDAにささる。・ラインを詰められた時、こちらがバースト帯なら横回避読みの上スマを狙われやすい。その時絶対に横回避せずに画面を見て、上スマなら反確をとる。・相手がこちらに背を向けているなら空Nをガードさせて掴みを狙う。・こちらがラインを詰めているならコマを出した後はガードを固めやすい。そこに掴みを入れる。・崖上がりでは回避上がり先とその場上がりの位置両方に空Nを置かれることがある。ここも画面を見て慎重に。・ロボットの崖上がりはガードを固めればほぼ対応できる。よく画面を見る。・ロボットの空Nはその場空Nで対応。前進しないように。・自分と相手の間にコマを挟んでいる時、安易にDAをしてはいけない。・相手がこちらを向いて最速低空空Nをしてくるなら落ち着いて引くこと(着地隙が無いため、弱や掴みを入れられてしまう)。・相手が暴れ空Nで、目の前に着地したらガードして必ず反確をとる。距離が空いてるなら引く。・コマを出した後はビームをしてきやすい。必ずガードして掴みで反確or引き空Nを置く。・相手の弱が届かない近距離では下強連打されやすいので、その場空Nが強い。・コマは空前で消せたりする。SJで接近し、近距離で相手がコマを構えてるならガードされても掴みや弱が届かない距離を保ちつつ空前すると良い。・ロボットは遅いので、ビームを消費しているなら③を狙っても良い。必ず着地隙が出ないように!

1-2 マリオで困っている人へ(1)

本文 今回は空下についてです。 発生はなんと5F。暴れとしても使えなくないですが、空上が4F、空N、上Bが3Fでより割り込みやすいため、暴れとしてはあまり使われない。 まずは、マリオ使い視点から書いていこうと思います。 ~どんな時に使うのか~1.差し込み マリオの基本となる空後を撃っていくと相手は引き行動による様子見かガードで対応してくると思います。ガードに対しては掴めればベストですが、空下はガードに対してのベターな答えになりやすいです。なぜか? ①多段攻撃のためガード解除なガード漏れを誘いやすい。②最速で撃った場合、さらに空Nを撃つことができ、空下の反確を取ろうとしてきた相手に刺さる③②を意識付けることで空下着地からのすかし行動が通りやすくなる。④めくるように撃つこともでき読みあいに幅ができる。 などがあります。 また、戦場などの台上で待ちをしている相手にも有効である。理由は以下の通り。 ⑤①と③の派生によりガード解除に刺さりやすい→打ち上げた場合に着地狩りの展開に持っていける。⑥台上に着地しないことにより、反確を取られないように一方的にガードを削れる  2.コンボパーツ (1)今回書きたかったことはむしろこっちですね。代表的なコンボとして①上投げ空下空前②(下投げ)空下空下③下投げ空下上B④下投げ空上空下(ほかほか補正によってはバースト) はよく見られるのではないでしょうか? (2)話は変わりますが、皆さんはクッパジュニアの空下、ガノンの空中下B、ピカの空下等に対して「本当てはガードできたのについガードを解いて着地攻撃に当たってしまった」経験はありませんか? 俗に言う“ランディングフォース”(Landing Force以下LF)というやつです。 なぜこんな話をしたかというとお察しのとおり、このLF、実はマリオの空下にもあるのです。読者の中には体感された方がいると思います。 体感された方はご存じでしょうがマリオの空下におけるLFは非常に驚異的です。なにが驚異的かというとそのベクトルとヒットストップにあります。 マリオの空下のLFはその特性上、当ててマリオの前方に飛んだら下スマが、後方に飛んだなら上スマが確定します。 撃墜ラインに達していれば上記どちらかのスマッシュを選択できますし、%が足りなければLFから掴みが確定します。 そしてクッパのような重くて下投げから繋げづらいキャラは最速空上からコンボを繋げられます。3DSでは最速空上は難しいですがリターンはかなり高いです。 判定はぶっちゃけかなり弱いので暴れ着地はリスクが高いですが、リターンを考えると擦っても悪くはないのかなと思います。 私は空後に見せかけた小ジャンプディレイ空下でよくLFコンボを派生させることが多いです。   長くなってしまったのでマリオ視点の話はここらで中断しようと思います。 次に対マリオ視点です。   ~空下はどのように対処するか~1.反確 知っている方も多いと思いますがマリオの空下は最終段がコンボカウンター回っていません。どういうことかというと空下の喰らい判定中回避連打することで最終段前に回避できます。さらに言うと3Fまでの暴れが間に合います。 ただし条件付きです。空下はマリオ側のほかほか補正の度合いによって相手の硬直が変わります。マリオのほかほかが溜まっていれば硬直は長くなり、最終段まで確定します。 ですが、諦めずに回避を擦っていれば抜けられるかもしれません。チャレンジすることは大事です。 数年前にとあるマリオ使いが%ごとのほかほかを考慮した暴れ、回避が間に合う表を作成していましたが現在行方不明です。 喰らい判定中については以上のとおりです。 次に、フレームの詳細についてはわかりませんが、ガード中に空下を喰らっている場合、最終段発生前にガーキャン掴みが間に合うキャラがいます。 経験上CFとパルテナは覚えていますが他はわかりません。調べてみたら両キャラともに掴みの発生は7Fでした。少なくとも7F以内の掴みを持つキャラは前方にマリオがいれば反確です。2.ガード ガードについてはあれですね。上記のことに注意したうえでLFまでしっかり確認してくださいって感じですね。特に被撃墜ラインの時はガードを長めにしておくべきです。3.引く そもそも当たらない距離でいなすことも大事です。上述のとおり判定は弱いので強判定の攻撃で打ち負かすことも必要です。     長々と書いてきましたがマリオの空下ネタに関してはこんなところでしょうか? ここまでで1800文字超えました…全力で手を抜くことばかり考えていたので大学の論文でもこんな文字書いたことありませんww   拙い文章で読みづらいところもあったかもしれません。 次回の題材は決まっていないので今回のことの質問と一緒にコメント欄で受け付けます。   最後まで読んでいただきありがとうございました。

やっと、やっと勝てた...(1)

なんでメイトやるとこんなにも下手になるんだろ...

対マリオ困っている人へ(0)

対マリオに困っているほとんどの人はマリオの空後に対してリスクを付けられていません。マリオの空後は小ジャンプから2回出せるほどコンボパーツ、牽制技として優秀ですが、その場合の一段目の空後(以下上り空後)にガードしてから何もできない人がほとんどです。マリオ対策できている人ならこの小ジャンプ上り空後にガーキャン上スマやガーキャンジャンプ攻撃などしっかりと反確をとってきます。また、ガードしてからの行動はもちろん、引きステや引きジャンプによって空後を空振りさせてきっちり反確を取るのも非常に有効です。マルスなんかはよくやるやつですね。もちろんマリオ側が先端意識することで反確を取られない、取られづらいように撃つこともできますが、上り空後を確実に狩ってくる相手にはプレッシャーを覚えます。マリオの空後は差し込み位置によってはどのキャラでも反確とることができるので、マリオが苦手という人はまず上り空後を狩ることから始めましょう。

ここまでレート吸われると(2)

自分の行動すべてが負けの原因だと思えてきてしまうもうリプレイ撮って最初の繰り出しさえ負けの引き金だと思えてしまって振り返る気にもならないこのお水メンタルどうすればええの

スマメイト必勝法(1)

その1隙を見つけたら攻撃しよう!その2とりあえず掴んで投げよう!その3着地狩りをしよう!これを意識してたら1700はいけるよ!完璧にできたらランカーになれると思うよ!

カービィについて(0)

無事、今期も(?)レート1600台乗りました。これもかわいいカービィのおかげですね。そんな強くて無敵なぷにぽよカービィちゃんでも勝てない相手がいます。ソニックおめー!おめぇのことだよ!ひたすら横Bするだけで勝ててしまうクソリアリズムを壊す為、俺はガチ部屋へ行き、カービィの右腕となるキャラを探す旅に出るのであった…