あるてぃん宅オフ対戦レビュー8.14-15@2


あるてぃん宅オフお疲れ様でした。


3人より後になってしまったけど、いよいよ彼の出番である。

……え?前回のやつなんて覚えてないよって?

当然だ、なぜなら3ヶ月前に投稿したっきりだからな!!

てわけで彼についてのおさらい


ヨッシー使用回数60000

東北スマブラ大会(TSC)ベスト6

3DSタミスマ最高ベスト4

ヨッシーミラーでは負けなし

ロゼッタ、ソニックを全力でカモる

(両方最不利疑惑さえあるにも関わらず)

バスケ部で鍛えられた超身体



ここからはnew!

おにえすに派生窓の勧誘して1fで断られる

よっちゃんコウガが唯一来た宅オフの主

弱弱ロールケーキ

あ~~~っと!?これは~~~~

おいし~~~~~~~!!!

メモ垢ことヨッシーの反省部屋の中身

シュレッダーPKTA


のケーキ屋さん。


最初は文章量とか他の3人に合わせた方がいいかなー?とか思ってたけども

2日間合計50戦とか行ったんじゃないかな?だったらがっつり、こってり、ギトギトに彼のことを書く必要があるわけで。


て、わけで彼のレビュー、および前回話した内容

「ヨッシーってどんなキャラ?」

「彼から教えてもらったこと」

「ヨッシーミラーとは」

を書きます。


因みに5段階でこんな風に表して行く


対応力・・・立ち回りの引き出しが多いか

火力・・・ワンタッチからどれほど稼げるか

反応速度・・・読んで字のごとく

操作精度・・・実現したい行動を的確にできてるか



あるてぃん

対応力    ★★★★

火力       ★★★★★★

反応速度 ★★★★★

操作精度 ★★★★★


5段階(5段階で表現するとは言ってない)


何が彼の強さを象徴するかって、やはり本人も自信を持っている火力」

非確定コンボであっても確定と言い張る

否、それを実現させてしまうその技術は賞賛に値する。


弱、掴み、DA、空前、上強、空上、空N、空下、横スマ、たまご投げ、NB……これのどれかに当たると40は稼がれるってぐらい火力が高い。

正に、ワンタッチからペースを搦めとるヨッシーの強みを象徴したような戦法で、某ネス使いが称した「シュレッダー」という表現も大いに納得できる。


さて、その中でも特筆すべき技は「弱」であろう。彼の弱は変幻自在、最序盤は最大火力、後半は最強の崖狩りとなってバースト難とは無縁となる。

最序盤は弱ヒップをガンガン決めて、18%の火力を稼いでいく。どうやらピクオリを始めとした軽いキャラには最序盤でとても入りやすいらしく、一瞬でジャンプを選択できないと拒否がとてもむずい……


中盤は弱上強のコンボで20から80まで稼がれる。インチキ極まりないけど、仕方ないよ、確定だもの。

特に着地が弱く、暴れがないオリマーにとっては1番辛いコンボとなるから喰らったら試合終了まである。無駄なジャンプはダメ、絶対。


そして終盤、ヨッシーの弱上スマが荒ぶる……と思ったけどここはオリマーの軽さに助けられて、上スマまで繋がることはあまりなかった。

それでも、崖側だと流石にどうしようもなかった。弱Nが撃墜手段になるので、後半はその場上がりに弱で固められまくって空Nで追い出される展開ばかりでとても辛かった

弱だけでこんなに試合が作れるのかよってぐらい弱の引き出しが多くて喰らってて感心することばかりである。


そんな彼のもう一つの強みは、立ち回りの変化であろう。項目では他より劣っている表記であるが、これは後述する弱点と差し引いているためである。

元々、彼は様子見を根気強くするタイプで、常に相手の吹っ飛ぶ方向、相手のしたい行動、崖上がりを見るようにしている。

自分としては逆にこれがありがたくて、ピクオリ本来の待ち戦法が組み立てやすくて戦いやすかった。

とどのつまり、相手の間合いにいなければ、ヨッシーの読み合いに一切付き合わなくて良くなるからである。近づかれても、離れさせるように発生の早い技、持続の長い技を的確に置いて延々とヨッシーを追いかけさせることで相手を疲弊させることができるのである。


これに対するあるてぃん側の回答がまた面白かった。

ピクオリと戦う時は大抵、後隙も持続もリーチも長い横スマの存在が厄介になることが多い。ヨッシー側は空中回避や空Nを押し込んでその壁を突破するのがセオリーである。

しかし、あるてぃんはというと……


なんと、(ピクオリの)横スマの外側から(ヨッシーの)横スマを叩き込むという暴挙に走ったのである。


空中から横スマにリスクをかけてくるヨッシーは星の数ほどいたけど、地上から崩しにかかる、ましてや棒立ちの状態から横スマを狩るヨッシーは初めて見た。


しかし後々考えると状況的には

・こちらのラインがない

・ヨッシーの横スマ先端の間合いにいた

・今まで全くパナしを見せてない

という最高の条件が揃っていたのである。本人が意識したかどうかはわからないものの、少なくともこれを決められた試合以降こちらが相当やりづらくなったのは確かである。


様子見にこだわっていた奴がパナしを覚えたら本当に恐ろしい。何が正解択になるのかわからなくなるし、今までその様子見を利用していたバースト拒否もできなくなってしまうからである。ここら辺のパナしも取り入れてしまうところが彼のキャラへの理解の深さなのだろう


ここからは彼の弱点、およびヨッシーとしてどうしても隠せない弱点についてレビューする。


1つにダッシュ。

前傾姿勢+ステップの長さ+掴みDAの発生の遅さとえげつない後隙。

全てが噛み合って地上の差し込み行動のリスクがとても高い。よって相手が着地狩りをしたいのを利用して着地時に空後を置いておくとめっちゃ引っかかる可能性が高い。

自分は常に「相手の走りたい位置」を狙って横スマや振り向き掴みを出しているが、かなーり美味しく引っかかる。

この弱点は読み合いの中で必ず足を引っ張る要素になってしまい、結果的にヨッシーのキャラランクの限界が見えてしまう要因の1つだと考えられる。


2つに空中制動

ヨッシーの空中戦は機動力が高いから強いんじゃないのか?という点について触れていきたい。

確かにヨッシーは全キャラトップクラスの空中機動力を持ち、それを活かして繰り出されるNB、空N、空前は、立ち回りにおいて非常に強力である。特に空Nは発生やリターン、後隙もないというとんでも技。ヨッシーに重なってしまうとロクな読み合いにならないのである。

しかし、この機動力はあくまで「横軸」に限定したものであることを加えておく。一回の小ジャンプで移動できる距離は相当長いものの、その移動と引き換えに「急降下能力」を失ってしまっているのである。


空中のヨッシーは強いように見えて実は隙だらけ。縦軸の動きにはかなり制限があり、真下に潜り込まれたり、空中にいる間に追撃を喰らいやすかったり

今回の対ヨッシーにおいても、投げだけではなく空上が決め手になる試合がかなり多く、このキャラの対策に「確信を持った空中攻撃」は欠かせないことを再認識した。空上が怖くとも、相手が踏ん張りアーマーができず、ジャンプも残っていないならガンガン狙っていきたいところ。


3つに、あるてぃんが持つ2つの癖について。


・コンボ後の即空中回避


空中制動の高さ、および暴れの速さから、拒否手段として選びがちになってしまう。ピクオリを初めとした機動力のないキャラにとってはこの上ないチャンスとなってしまう。

この癖自体は、彼ががっつりフリーをやってきたマリオ使いとの試合でも見られたことから、癖として染み付いているものだと考えられた。


・反応が早すぎる故の事故


反応速度>対応力という状況がかなり多かったため、置き技に対して真っ向から突っ込んでしまうことが頻繁に起きていた。

あるてぃんに対して撃墜難になる状況が少なかったと思われるが、特にあるてぃん側が仕掛ける着地狩りでこちらが技を引っ掛ける展開が多かったためであろう。

たまにはローリスクを徹底的に意識した読みあいしてみるのもありっちゃアリだったかも?


結局のところ、ヨッシーを使っているが故に染み付いた、守り関連の癖が強かった、という印象である。

最速回避は自分を含めたどのヨッシー使いも信頼している行動であり、他のキャラよりも強いとは思っている。しかし、上方向の軽さや急降下速度の遅さも考えると慣れた相手には最大リターンを取られてしまうこともしばしば。


彼から教えてもらったこと


・癖読みの大切さ

私も大切にしていることだけど、彼も負けず劣らず大切にしている「癖読み」。前述の横スマぱなしは「対アイゴスキー読み」を考えた末の行動である。

また、ぱなし以外にも崖狩り、着地狩りも50戦の中でどんどん精度は上がっていき、最後の5戦で見るならば負け越していたと言っても過言ではない。

しかしながら、彼にはオフ環境はおろか、オンラインでもまともにスマブラができる環境が存在しない。そんな中でも、久しぶりに戦った彼はほとんど実力が衰えないどころか、オフの中でさらなる成長を見せてきた。

画面を見る、というスマブラの基礎は本当に重要であることを再認識させれられた。


ヨッシーってどんなキャラ?


「ヨッシーは自由であることに拘れ」

1年間は聞かされた言葉であり、サブで使っていた身としては今まで、少しも納得できなかった言葉である。

しかし、今回のオフを経て、その言葉自体がヨッシーのキャラコンセプトの真理であるということを理解した。


ここで、私が本格的にサブとしての1年間ヨッシーを使っていた話をするが、本当に伸びが悪かった。どんぐらい伸びが悪いかと言えば、メンヘラになりすぎてFF外のヨッシー使いに「"どこぞのピクオリ使い"ほどじゃないけどメンタルボロボロや」とまで言われてた。

ヨッシーネガbotである。


この伸びが悪かった原因も明確で「強い行動がわからない、誰か教えてくれ」というように自分で考えられない状況になっていたからである。東京にいる間あるてぃんに、ヨッシーの強くなる方法聞きまくっていたけど、その回答も「いえ、自分の強いと思う通りにやればいいんじゃないですか?」との回答。


だから、このオフに来るまでヨッシーの方向性は依然として自分のヨッシーの立ち回りを見失っていたままだったのである。何がヨッシーの強いところなのという疑問を解決するのもこのオフで自分が持っていた目的である

3人のヨッシーの立ち回りは見させてもらった。その上で、前回は彼らのレビューも書いた。しかし、それでもまだわからなかった。


タイマンを深夜ぶっ通しでやった後に、あるてぃんと2人で行った銭湯で、明確な答えを私は聞いた。


あるてぃん

「ヨッシーってキャラ、強い行動を教えすぎると逆に自由度を失って伸びを失っちゃうんですよね。僕も色々なヨッシー使いに教えたりはしますけど、結局その本人のやりたい行動を極めるのが一番なのかなって。このキャラが持ってる選択肢を自分で使い込んで学んで、どうしても足りない部分を人に聞いてみるのが一番伸びるのかと思います。自由なんです、このキャラは。それが一番強い。


銭湯で話したことは頭から離れない。そもそも深夜2時までやってる銭湯とかすごすぎかて。

長い時をかけて、ようやくサブヨッシーのコンセプトが決まった瞬間であった。

このキャラと戦ったり、使うのが面白いと感じるのも、自由度があってこそなんだろうなと。ごろ玉以外の。


ヨッシーミラーについて


では最後に、ヨッシーミラーについて。

ヨッシーミラーは端的に言えば各々のヨッシーが持つ技の使い方、読み合い、癖、火力の取り方、逃げ方を勉強する」機会である。

聞こえはとてもいいものの、この素晴らしい機会は、全て上スマ」で崩壊するほど脆いものである。

どれだけこのミラーにおける上スマが強いかというと


・足先無敵のため全ての空中暴れに勝つ

・上に軽いキャラなのでかなり簡単に乙る

最悪ぶっ放して外しても相手の横スマ上スマが届かなければやられることはない。

・挙げ句の果てには上スマの後隙にその場回避を入れ込む事で、相手の反撃行動を釣ることもできてしまう。

以上のことから、上スマを使えば勝ちやすくなるものの、相手から学べることも失ってしまうのだ。


できる限りいろんな手を見せ、お互いに情報共有をし合えるようにして、自分にない立ち回りを知る機会にしたいものである。


・最後に


最後まで見ていただいたあるてぃん様、ありがとうございました。ここまで先延ばしにしてしまった罪はどう償えばいいでしょうか本当に申し訳ありませんでした。


あまりにも先延ばしにしてしまったせいで当時の思い出を本人に聞き返すというアホ極まりないことやらかしたり、他の人が読むことを明らかに考えていない文章になったりでマジですみませんでした。


それでも、学んだことだけは絶対に文章化しないといけないという気持ちはあったし、彼との思い出を永遠のものにしたいという気持ちはずっと持っていました。


僕が対ヨッシーをずっと極め続け、更には絶対的な2番手としてヨッシーを使い続けられたのはあるてぃんを始め、多くのヨッシー使いとの交流無しではあり得ませんでした。多くの方からアドバイスももらったし、励ましてもらったりで、スマ4の思い出として「ヨッシー」というキャラは切っても切れないものとなりました。


ここまできてオチも特に何もありませんが、ここらで締めさせていただきます。


あるてぃん、来年はこっちも東北に移動するから時間見つけ次第バコバコオフりましょう。ヨッシーはもちろん使い続ける!


ヨッシー、お前と過ごした3年は楽しかった。また次回作もよろしくお願いします。

本当にありがとうな!!!!



かいじゅー   2018.11.29



11月29日 14時20分に投稿

お気に入りしたユーザー

コメント

コメントはありません。